さきがけ社会保険労務士事務所へようこそ。

社会保険労務士事務所

事業

・就業規則診断、作成、変更

 

・給与計算業務の代行

 

・労働保険、社会保険の手続代行

 

・各種給付金、助成金の提案、申請

 

・人事、賃金、労働時間、年金の相談

理由

働き始めて思ったことは、「同じ働くなら意欲を持って主体的に仕事をしたい!」という思いから資格を取得し社会保険労務士になりました。

私が御社のお役に立つことによって、社長と従業員の皆様を笑顔にすることを目標に仕事に励んでいます。

お問い合わせ

〒798-0087

愛媛県宇和島市坂下津甲94-11

さきがけ社会保険労務士事務所


TEL 0895-30-2130

FAX 0895-30-2140

Mail info@sakigake-sr.com




社会保険労務士があなたのお役にたちます。


社会保険労務士は何をする人なの?
          ↓
面倒な問題の解決をお手伝いするのが社会保険労務士です。
 
社長のそばに社会保険労務士がいると・・・
          ↓
・トラブルを未然に防ぐ就業規則に関すること
・労働保険や社会保険のいろいろな手続きに関すること
・毎月の給与計算業務に関すること
・助成金に関すること
・法改正情報のご提供
・社長の悩みに寄り添い、従業員の労働環境を改善する相談相手
 

うちには社会保険労務士がついているから大丈夫だよ!社長にそう思っていただきたい。

社会保険労務士という人事労務の専門家を顧問としてそばに置くことによって、手続業務から解放され、未然にトラブルを防ぎ、従業員にもいきいきと働いてもらえる環境にしませんか?

働きたい人採用新戦略セミナー

平成29年11月15日に宇和島で行われたセミナー「働きたい人採用新戦略セミナー」に行ってきました。

 

 

講演者はHRソリューションズ 代表取締役 武井繁様

 

この方の話し方がとにかく素晴らしく、聞かせる話し方とはこいういうものなんだと感動しました。

テクニック的にどうというのが全く分からなく、自然に耳を傾けてしまう話し方で全く眠くならない、本当に不思議で魔法にでもかけられたかのような時間でした。

ぜひもう一度聞いてみたいです。

 

概要は、

 

今の状況は30年前の米英と似ている。

  

 

最近の求職者はハローワークを使わない。

 

なので実質的な求人倍率はもっと高い。

 

ではどこを使っているのか?→ネット・スマホ

 

 

ネットやスマホは24時間閲覧とその場で応募ができるので採用率アップにつながる。

 

フジの事例

 

求職者が求人検索→パート・内子→フジ内子店のサイト表示→そのまま応募できるようにHPのレイアウトを作成する→フジの採用が大幅アップ!

 

 

20~50代男性は雇用されている率が90%以上。

 

女性は雇用されている率が男性に比べて低い。

 

シニア・主婦・外国人が潜在的労働力となる。

 

 

シニアが働きやすい職場にする→商品の品出し用に小さな台車を導入するなどの工夫。

 

 

外国人は労働意欲が高く生産性が高い、訪日客を取り込みやすい。

 

外国人スタッフが友人を紹介して雇用につながることが多い。職務内容も友人から聞いているので離職しにくい。

 

主婦は積極的に仕事を探していないことが多いので求人方法を工夫する。新聞折込の求人は、最近は新聞を取っているところも少ないので効果薄。自治体の広報は読んでいる人が多いためこれで求人するのもいい。

 

 

求人票はラブレターを書くように作成する。オリジナルの言葉で作成する。

 

 

採用力を高めるのはスピード。

 

求職者から応募が来たら即日面接の連絡をする→面接後は1両日中に合否を連絡する。

 

特にアルバイトの場合は複数応募していることが多いので、連絡が来た順に採用されるため。

 

 

選考面接は採用したいと思うような人には1時間以上、採用したくない人にも30分はする。

 

 

面接のポイントは傾聴。その後に自社のメリットの訴求(仲間、スキル、金以外で)

 

 

面接の際の傾聴はキャリアコンサルタントの仕事に非常に似ている。

 

過去から未来の順に聞いていく。70%相手に話してもらう。何を基準に応募してきたのか(家が近い、職場の雰囲気、職種、賃金?)聞く。

 

 

 

不採用者の面接は自社のファン作り。

 

不採用者の家族、友人知人が応募してくる可能性があるので、その時にいいと言われるような面接を心がける。

 

 

 

求職者が重視するポイントは、シフトが自由か、労働時間・休憩時間・残業時間、家から近いか、職場の雰囲気はどうか。

 

 

 非金銭報酬を高める→モチベーションを作る→この組織で働きたいこの仲間と働きたいという職場型モチベーション

 

 

分業、専業、細切れシフトで労務管理。

 

 

 

 

 

労務トラブルセミナー

こんにちは。社会保険労務士の藤田です。


最近とても天気がいいですね。

日中は暑くもなく寒くもなく、最高の天気です。


さて、先日は社会保険労務士会主催の「労使トラブルの予防・発生から解決まで」という

セミナーを聞きに行ってきました。

愛媛社労士会会長が司会を務め、パネリストとして弁護士、社労士、民間企業社長の3人

がお話をするという形でした。


社労士は労使トラブルを未然に防ぐための方法を、弁護士は裁判にまでなってしまった

ときの対策を、社長は自らの会社で起こった労務トラブルをそれぞれ話されました。


トラブルを未然に防ぐにはまずは就業規則が一番大事。

就業規則も昔のものをそのまま使ったり、ほかの企業のものを名前だけ変えて使ってい

ては意味がなく、自社の現状に合わせたものでなければいけないこと。

あとは、社風。風通しのいい、話しやすい、上も下も関係なく意見が言いやすい社風が

トラブルを未然に防ぎます。

そして、仕組み。出退勤の管理をキッチリする。誰かが後から書き換えたり、いい加減

なことができない仕組みを作る。


仕組みについては民間企業の社長が実際に使っている仕組みを話していただき、「そう

だよなぁ~」と大変為になりました。


労使トラブルは起きてしまっても裁判になる前にあっせんや和解で解決するのが一番です。


ま、起きないようにするのが一番なんですが。



こんなに天気がいいから大好きなサイクリングしたいな~と思いつつ、

営業方法に悩んでる今日この頃です。

次どうしよう??


平成26年10月1日に始まった労働関係事項

こんにちは。社会保険労務士の藤田です。


ニュースで平成26年10月1日からいろんなものが値上げになると言っていますが、

みなさんお元気ですか?


労働関係では値上げではなく育児休業給付金や労災関係で変更があります。


①育児休業期間中に就業した場合の育児休業給付金の取り扱いが変わります。


平成26年10月1日以降の最初の支給単位期間(育休を開始した日から1か月ごとの期間)

から、11日以上働いた日があってもその働いた時間が80時間以下の場合は育児休業給付金が支給されるようになりました。

今までは11日以上働いた場合は支給されなかったので、働きながら育児をする人が少しもらいやすくなりました。


②10月1日から労災保険の「特別加入」の加入・脱退などの手続 き期間が広がります!

労災保険の「特別加入」に新規で加入する場合、労働局長の加入承認日はこれ
まで「申請の日の翌日から14日以内で申請者が加入を希望する日」でしたが、10
月1日からは「申請の日の翌日から30日以内で申請者が加入を希望する日」に変
わります(業務内容などの変更・脱退についても同様)。
 また、給付基礎日額変更の事前申請も、3月18日から3月31日までの14日間で
手続きが可能でしたが、これからは、3月2日から3月31日までの30日間で手続
きができるようになります。
 これによって、以前に比べ、余裕を持って労災保険の特別加入の手続きをする
ことができます。(厚労省人事労務マガジン/第49号)

10月は年次有給休暇取得促進期間だそうです。
有給休暇を活用していい職場環境が築けたら生産性も売り上げも上がっていいことずくめですよ!


それでは、良い一日を!